2007年06月10日

ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記

ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記
販売元 : Amazon.co.jp ゲーム
価格 :
[タイトル] ティアリングサーガ ユトナ英雄戦記
[ブランド] エンターブレイン
[発売日] 2001-05-24
[プラットホーム] PlayStatio..
>>Seesaa ショッピングで買う
物語の舞台は島大陸リーベリア。リーベリアを長きに渡って治めていたサリア・レダ・カナン・リーヴェの四王国は邪神崇拝を旨とするゾーア帝国に滅ぼされ、暗黒の時代に突入しようとしていた。
リーヴェ王国を構成していた4公国のひとつ、ラゼリア公国大公グラムドの息子・リュナン公子は戦禍を逃れ大陸南部の港町グラナダに身を潜めていた。しかしリーヴェの滅亡と共に侵攻してきた帝国軍によりグラナダも陥落し、リュナンはグラナド太守の息子・ホームズと共に僅かな手勢を引き連れ、大陸の南に位置する島を領土とする新興国・ウエルト王国に向けて脱出することとなる。
かの王国の助力を得、再び帝国に立ち向かうリュナン・ホームズの長きに亘る戦いとその陰に蠢く邪神復活の陰謀を壮大なスケールで描く。
wikiからの引用です。

かれこれ5年以上積んでいたゲームをクリアしてみたり。
FE系はあまり好きじゃないせいもありますが
詰め将棋みたいな戦闘がどうにも苦手なんですよね。
初代紋章の謎を途中であきらめましたし。

FC版外伝はかなり楽しんだものの
SFC版リメイク紋章の謎はやっぱり途中でギブアップ。
聖戦の系譜はそれなりにハマリましたが
トラキアや次世代機には手をつけてなかったり。

そんなこんなで裁判沙汰で有名になった
ティアリングサーガでございます。
まずは攻略本を見ずにプレイしてクリア。
ちなみに面倒だからデータ改竄に手を染めていたり。

大雑把な印象としては登場人物が多すぎて
ひとりひとりのキャラを上手に動かせてないな…との印象が。
参戦キャラも多い上、途中で2部隊に分かれて
別々にストーリーが進行するため
イベントの発生条件が厳しかったりするせいかも。

もうちょっと壮大なストーリーを期待していたのに
全6章のうち4章を終えた時点でEDって感じがしたり。
伏線の回収が雑と言うか勿体ないです。
EDそのものは割と綺麗にまとめてあって素敵なんですけどね。

そもそも私ってばターン制のSLGが苦手だったり。
それが戦術の定石だとはいえ
味方キャラが何もできずに集中攻撃され
各個撃破されるのを見るのはとーっても気分が悪いです。

裏を返せばCPUがしっかりしている証拠でもあるんですけどね。
攻撃後に再移動できる騎士系ユニットが大活躍できるのが
良くも悪くもFE系の特徴だったりするので
これはこれで有りかなーと思います。

ちなみにFC版外伝の戦闘のヌルさに
聖戦の系譜のような人間関係の軋轢を組み込もうとして
ものの見事に中途半端なものが出来上がりました。
…なんてのがクリア後の印象だったりします。

今回はユニットの転職条件が厳しく…というか
そのために必要なアイテムが有限かつ少数で
なおかつユニットごとにパラメータの上限が決まっている
なーんて部分も評価が分かれそうです。

そもそも育てきれないほどユニットが参戦してるんだから
プレイヤーごとに使用するキャラが違って当たりまえ。
全キャラを育てる完璧主義な人はご愁傷様でした♪
とでも言いたげな感じのメーカーの姿勢はどうかと思ったりして。

できれば遊び方はプレイヤー自身の手に委ねて欲しかったかな。
どれだけキャラクターを鍛えたとしても
最終的にはイベントバトルで特定キャラだけが大活躍ですけど。
まぁ…そこらへんはいつもの王道展開です。

自由度が高いゲームほど面白い!
なーんて言うつもりはさらさらありませんが
ティアリングサーガの場合はストーリー上の制約から
理不尽な戦いを強いられることが多く
場合によってはリカバリー不可能な状況になることもあり
さらにセーブがひとつだけなので…ね。

データ改竄やってる人間が言えた台詞じゃありませんけどさw
ストーリーそのものは悪くないですし
それなりにドラマティックな展開もありますので
安心できる出来とは言えると思います。

物語のヒロインがライバルに攫われて記憶喪失にされた上
あろうことかライバルの子供まで出来ちゃったり
問答無用でパーティが全滅させられ
いきなり子供達の冒険が始まったり…みたいな
無茶はありませんけどねー。

脇キャラの恋愛要素がいまいち消化不良に終わったのも
聖戦の系譜ユーザーとしてはちょっとだけ残念だったりします。
ストーリーの本筋より誰と誰をカップルにさせるかで
真剣に悩んじゃったりするのも
それはそれで問題が大ありだと思いますがw

キャラクターの印象などは後述するとして
全然大丈夫じゃなかったばかりか
物語の中盤までしか解説しいてない
不完全な攻略本を出しやがった
ファミ通は潰れちゃえば良いと思います。
酷い酷いとは聞いてたけど
聞きしにまさる酷さだと思いましたw
まー…よく調べずに買った私が馬鹿なんですけどね。

なんだかんだ言いつつ6年前の作品なのに
それなりに遊べたというのが驚きでした。
私はグラフィックをあまり重要視してないせいもあるかも。
FC版の初代は流石にアレですが…。

戯れ言ですいません。
posted by のあなな at 17:38| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。