2007年03月28日

U-22日本代表シリアに快勝!!

やーふー!

久しぶりに見ていて楽しい試合でしたね。
ホームの試合なので微妙に審判の笛が日本よりでしたが
それよりも相手にほとんど何もさせずに
圧倒的有利な状態で試合を終えることができたのが
何よりの収穫だったと思います。

目の覚めるような家長のミドルシュート。
それまで微妙に歯車が噛み合わないというか
少し押し込まれ気味だったのが
早い時間帯に家長がシュートを決めたことによって
全体的にイケイケムードになりました。

なんというか…昔のトルシエジャパンや
強かった頃のヴェルディを見てるみたいで懐かしかったです。
決してシリアが弱いチームだとは思いませんが
中東のチームにありがちな精神的なムラが出たような気がします。

それというのも比較的簡単に
追加点を取れたおかげだと思いますけどね。
ぶっちゃけ平山さんを侮ってましたw
単に背が高い電柱なだけじゃなかったのね。
2点目のヘディングも見事でしたけど
3点目の右足のシュートも素敵だと思いました。

シリアのマークが緩かったせいもあると思いますが
平山さんってわりとそつなく何でもこなすのね。
それなりに良く動いて積極的にシュートも撃っていましたし
ちょっとだけ見直しました。
伊野波も梶山も平山も所属チームでは…んがんぐなくせにね。

後は本田圭佑が良かったかな。
解説ではけっこうけなされてましたけどねw
積極的に上下運動をこなして
なんとかチャンスを作り出そうと頑張ってました。
結果には繋がりませんでしたけど。

途中出場だったせいもありますが
今日もカレン師匠はノーゴールでした。
いや。
でも頑張ったのよ?
あと少しでアシストつきそうなプレイもあったし。

途中出場で出た選手も含めて
ほぼ期待通りのパフォーマンスを発揮してくれたと思います。
シリアが前半で戦意を失ってしまったので
それ以降はちょっと評価し辛い部分もありますけど
反町ジャパン待望の快勝と言って良いのではないでしょうか?

後半途中からぐだぐだになって
チャンスはあるのに追加点を取れなかったことや
試合を通してのペース配分など
まだまだ課題は多いと思いますが
今までの批判が嘘のような目覚ましい活躍ぶりに
ちょっとだけ嬉しくなりました。

サッカーってやっぱりメンタルなスポーツですよね。
今更ながらにそんなことを実感した試合でした。
まだ二次予選なのであまり大きいことは言えませんけど
北京五輪でU-22日本代表が活躍できるよう
頑張って応援していきたいと思います。
posted by のあなな at 21:47| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 蹴球かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

日本代表に中村俊、高原を招集

■日本代表に中村俊、高原を招集

日本サッカー協会は19日、日本代表の今季初戦となるペルー代表との国際親善試合(24日・日産スタジアム)に臨むメンバー18選手を発表し、昨年のワールドカップ(W杯)代表のMF中村俊(セルティック)とFW高原(フランクフルト)が選ばれた。オシム監督が昨年7月に就任してから欧州でプレーする選手を招集するのは初めて。

MFは半数以上を占める10人を選び、中村憲(川崎)らが入った。FWは高原のみで、巻(千葉)我那覇(川崎)らは漏れた。ただし日本協会は21日のアジア・チャンピオンズリーグとJリーグ・ヤマザキナビスコ・カップの試合後に3-5人程度、追加招集する。

チームは21日夜に集合し、22日から横浜市内で練習して試合に備える。

日本代表は次の通り。

▽GK 川口能活(磐田)川島永嗣(川崎)西川周作(大分)

▽DF 中沢佑二(横浜M)
    坪井慶介、田中マルクス闘莉王、阿部勇樹(以上浦和)

▽MF 中村俊輔(セルティック)
    橋本英郎、加地亮、遠藤保仁、二川孝広(以上G大阪)
    羽生直剛(千葉)中村憲剛(川崎)鈴木啓太(浦和)
    駒野友一(広島)藤本淳吾(清水)

▽FW 高原直泰(フランクフルト)
デイリースポーツ online より

今ちゃん落選しちゃったよ…orz
オシム爺様のやることで一喜一憂していたら
かなりジェットコースター気分が味わえますね。
Jリーグで調子落としているのは事実ですし
この屈辱をバネに奮起してくれるものと信じます。

あっさり追加召集されそうな気もするけど。(苦笑
オシム爺様は今回の選考について
今まで呼ばれていた選手が呼ばれていないのは
黄カードだと思って欲しい…なんてコメントしたそうですし
FWは全滅ですか!? みたいなサプライズもあって
ますます目が離せなくなりそう?

たとえ良い選手であっても
チームの調子が悪ければ代表には呼ばない。
嫌な爺様だw
だけどまぁ…説得力のある選考ですよね。
それが嫌ならJリーグで頑張れば良いんですから。

いちいち国際親善試合ごときで騒いでいたら…ねぇ。
それにペルーって普通に強いから
今回選ばれなかったほうが良かったりして?
いえ。
ただの負け惜しみですけど。

とにかく選ばれた選手は頑張って欲しいです!
posted by のあなな at 21:49| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 蹴球かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

サッカーの話題。

不安露呈…反町3トップ不発ドロー
「キリンチャレンジカップ2007」U-22日本代表VSU-22米国代表(21日・熊本県民総合運動公園陸上競技場)、08年北京五輪を目指すU-22(22歳以下)日本代表は21日、U-22米国代表と07年初戦を行い、0-0で引き分けた。
2月22日10時49分配信 デイリースポーツ
昨日の試合。
夕飯の準備をしながらだったので
あまり詳しくは見ていたわけではないのですが
相変わらずの決定力&アイデア不足でしたね。

惜しいシュートは何本かありましたが
相手を決定的に崩しきるというところまではいかず
どこか不完全燃焼気味に時間だけが経過していたような。

チームに統一感が欠けると言うか
前線に選手はいるのにスペースを作り出す動きに欠け
ところどころで渋滞を起こすというか
ぶっちゃけ前線の平山イラネとかそんな感じ。

U22日本代表、J2札幌との練習試合で敗戦
 ◇サッカーの22歳以下(U22)日本代表は22日、前日のU22米国戦に先発しなかったメンバーでJ2札幌と練習試合を熊本県内で行い、0―1で敗れた。この2試合の結果を踏まえてFW森島康、苔口(ともにセ大阪)、DF内田(鹿島)、千葉(新潟)の4人が外れることが同日、日本サッカー協会から発表された。
毎日新聞 - 2007/2/22 20:01
かといって昨日、試合に出なかったメンバーは
こんな感じだったりしますので…先が思いやられますね。
ちなみに札幌のほうのメンバーもほとんどがサブ組で
後半のMFには現役高校生が2名出てました。(汗

ちなみに得点者の石井謙五選手(20)は
U22代表候補に選ばれながら
ものの見事に駄目出しを喰らった経験があったり。
やったね謙五。この調子で頑張って!

&それなりに良いメンバーを集めておきながら
効果的なチーム編成ができずに
FW陣が電柱平山・カレン師匠・柏の外人李だったりするあたり
なんか色々と終わってるよ…反町JAPAN。

猪木“闘魂ビンタ”に播戸ウットリ
 ◇“打倒浦和”へ愛のビンタ、ダ〜-。アントニオ猪木(64)が21日、大阪・吹田市内の万博練習場で行われたテレビ番組の収録で、G大阪の日本代表FW播戸竜二(27)に闘魂注入した。
2月22日10時49分配信 デイリースポーツ
最後にちょっと心温まる話題でも。
播ちゃんワロス。
めっちゃ嬉しそうに燃える闘魂・猪木にビンタ張られてましたw

オシムJAPANに選ばれながら
毎回意味深なオシム語録に必要以上に振り回されることなく
絶対に理解できてないでしょ? って感じの
大物感漂うポジティブコメントが素敵な播戸竜二選手。
これからも赤いチームに屈することなく頑張ってください。

上記文中にて心無い数々の暴言に心を痛められた方。
つたない駄文でお目汚しして申し訳ありませんでした。
他意はありませんが今後とも反省しないと思いますので
軽くスルーされることを推奨いたします。

所詮、戯言ですしねー。
posted by のあなな at 23:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

白い恋人パークって凄いw

朝から夜までどんどん雪が降るので
思わず石屋製菓のチョコレートファクトリーまで現実逃避に。
■→http://www.shiroikoibito.ishiya.co.jp/index_j.html
何度か訪れたことはあったんですが
見学まではしたことなかったんですよねー。
某サッカーチームの練習場が側にあるので
そのついでに立ち寄るぐらいでしたし。

今回、初めてチョコレートファクトリー内にある見学コースで
チョコレートミュージアムなどを見学したんですが
思わず笑っちゃうぐらい素敵だったりします。
それというのもチョコレートファクトリーという
アイデアそのものが石屋製菓の社長である
石水幸安さんの娯楽だというのが判ってしまうからw

どれだけ要請があっても北海道外に店は作らなかったり
某J2のサッカーチームのために
サッカー練習場をぽーんと用意しちゃったり
社長の道楽というにはあまりにも過分な
愛と情熱と援助をしてくださり
もう本当に頭を下げるしかなかったりする
某チームのファンだったりします。

そんな素敵な社長さんのアイデアで作られた
チョコレートファクトリーの外観の一部がこちら。
■→http://www.shiroikoibito.ishiya.co.jp/tud3/tuda_top.php
他にも素敵すぎる道楽の数々に驚くやら呆れるやら…w
チョコレートの歴史や白い恋人の製造過程などに関心しつつ
マイセンやウェッジウッドなどの有名メーカーから
無名なものまで集められたティーカップの数々。
小さくて可愛いものや華麗な装飾が施されたものが多々あったり。

さらには貴重なブリキの古いおもちゃや
30年代〜40年代の懐かしいおもちゃに混じって
ペプシマンのボトルキャップまで陳列してあったり。
その節操なしなところが本当に素晴らしかったりします。

今回は体験でチョコレートを作ったりはしなかったんですが
施設内にあるチョコレートラウンジでスイーツを堪能してきました。
バレンタインが近いせいかカップルが多かったかもw
チョコレートフォンデュを注文して甘い世界を作ってた人もいましたし。
いろいろツッコミどころが多くて楽しかったです。

ちょっと残念だったのは出来立てのバームクーヘンを
目の前でディパージュするのが有名な
ケーキバイキングには時間が遅すぎて間に合わなかったこと。
次の機会には絶対に逃さないんだから…と
野望の炎を暗く鮮やかに燃やすのでありました。
posted by のあなな at 23:15| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

鈴木隆行を応援します。

■鈴木隆行選手、移籍加入のお知らせ
 横浜F・マリノスでは
 FW鈴木隆行選手(レッドスター・ベオグラード)の
 移籍加入が決まりましたのでご案内致します。
 契約期間は2008年1月31日迄となります。

http://www.f-marinos.com/news/topic.php?code=1169176507


一部スポーツ紙で報道されていたように
愛しの鈴木師匠が再び日本でプレーすることになりました!
出場機会がないから出戻りかよ…なんて言わないで。(涙

優勝争いに絡めないままシーズンを終え
シーズン途中で退いた岡田監督。
水沼コーチを経て早野監督へバトンが渡されました。
久保選手や奥選手、そしてドゥトラ選手など
今までチームの屋台骨を支えてきた選手の
移籍が相次いだ横浜F・マリノス。

一部では監督が早野さんで奥や久保が流出。
新加入のFWが鈴木師匠なんて
ネタチームへの道まっしぐらですね!
…なーんて揶揄されている横浜F・マリノス。

某チームのファンとしては
山瀬がいてマイクがいて岡ちゃんがいたチームです。
印象としてスポンサーの力は素晴らしいけど
うち以上にフロントが…んがんぐで
フィジカルコーチに問題があるのか
いつも怪我人が絶えないってイメージがあったり。

坂田や那須、山瀬など中堅になるべき選手が
いまいちブレイクしきれずに
レッズに大きく差を開けられちゃった…って感じでしょうか?
数人良い選手がいたところで
全体としての意思の統一ができないと
チーム全体がぐだぐだになる良い見本みたいな??
一昔前まではかなり強かったのにねー。

まぁ…若返りの弊害は大きかったというか
日本代表に何度も名を連ねる選手がいるチームで
虎視眈々とレギュラーを狙うよりも
出場機会を求めて手薄なチームで活躍したほうが
評価も高いし自分も成長できるってことで
有望な若手がマリノスを避けたってのもあると思いますけどね。

ちなみに若手選手のこういった傾向は大賛成だったり。
そうでもしないと貧乏チームには有望選手なんか来ないしねッ!
プロ野球などと比較して
選手の流動が激しいことは
チームの永続的な強化には妨げになりますが
反対に新しい勢力の台頭や旧主流派の巻き返しなど
結構ドキドキするものがあったりして。

カップ戦などで試合数が増え
ACLや日本代表の試合などで
過密スケジュールが続いたこともありますけど。
Jリーグのベストメンバー規制って
今でもまだ効力が残っているんでしたっけ??

別チームの話題になりますが
カズと久保の元日本代表FWで2TOPなんて
めちゃくちゃ興味あったりしますもん。
楽しみ方がプロレスみたいですけどねー。
誰がシナリオ書いたんだ!? …みたいな。

サッカー日本代表の人気ばかり高くて
Jリーグそのものは人気が翳っている…って論調もありますけど
かつてリーグのお荷物だった
浦和レッズがここまで強くなったことや
日本全国に散らばるクラブチーム数の増加などを見ても
サッカーが地域社会に溶け込み
裾野が大きく広がったことは事実なわけで。

後はそれをお金に換金する錬金術の問題だと思います。
まず試合の中継が酷すぎ!
TVで試合を観戦してる人はくだらないアイドルや
解説者の眠たくなるような解説を聞きたいわけじゃないし
ましてやアナウンサーの絶叫などは言語道断。

せめて副音声だけでもいいから
むやみに観客席の応援を拾うのではなく
選手がボールを蹴る音やピッチを駆ける音など
じっくりとTVで観戦できるような環境が欲しいです。
騒ぎたい人はスタジアムに通え! …みたいな。

後はTOTO関係ね。
スポーツとギャンブルは御法度なんて硬いこと言わず
直接対決でお金賭けちゃおうよ。
100円賭けて50円還ってくるような
素敵システムでも構わないから
絶対に熱狂すること間違いなしです。

直接サポーターの手にお金が渡らなくても
チームに勝利ポイントとして蓄積されて
サポーターの投票によって
フロントの意思を介入させずに
その使い道を決定できる…なんてことになったら
絶対に面白いと思うのに。

いつも戯言ばっかでごめんなさいー…みたいな。
posted by のあなな at 13:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

サッカーを観戦したよ。

11月15日のサウジアラビア戦ですが。
何を今さら感が拭えないのが素敵ですけどねw
21時に試合が終了して自宅に着いたのが23時過ぎ。
4万人の民族大移動は凄かった。
歩道橋が重みでぎしぎしと揺れるですよ。
ドームの外は寒くて大変でしたし。

札幌ドームは初めてだったんですけど
芝が綺麗でとても見易いグラウンドですねー。
椅子の列ごとに傾斜が結構ついていて
前の人が邪魔になることもなく快適でした。
売店とかの混み具合も凄かったけど
特に暴動や乱闘が起きることもなかったです。
日本代表グッズはあんまり売れてなかったみたいだけどw

現在、TV放映を鑑賞しているんですけど
TVで見ると応援席が青色で埋まっているように見えますね。
応援の音も結構ありますし。
私の席はホーム側一般カテゴリー3の席でしたが
青ユニ来てる人はそんなにいなかったかなー。
せいぜい3割ぐらい?

外が寒かったですしね。
後、会場内にお子様が結構いらっしゃいました。
1列2列と固まって座ってらっしゃるのが目立ちました。
熱心なサポーター席からは少し離れていたので
応援中も唄を延々と唄い続けたり
体力の続く限り飛び跳ねたりということもなく
じっくりと試合を観戦することができました。

ちなみに席の場所はゴール裏右斜め45度の延長線上で
フィールド全体の動きがわかる素敵な場所でした。
ゲーム内容もほぼプラン通りというか
会心の出来と言っても過言じゃないぐらいに余裕があったので
とても安心して観戦することができました。
今野も頑張ってましたし♪

でわ。
唐突に採点でも。

川口  6.0 無難な出来。余裕な展開のためハイパー化せず。
釣男  6.5 このチームの生命線。でもPKはもう蹴らないでw
阿部  6.0 守備に散らしは期待通りでした。
今野  6.5 攻守で輝きまくり。2点目のアシストは見事。
駒野  6.0 守備が軽くクロスの精度も…だけど今日はまだ許せる。
加地  6.5 抜群の安定感。さすがキングKAJI。
三都  6.5 球離れが良い三都主って今までになかったよね。
啓太  6.0 守備のチェックは流石です。でもパスミスはやめて。
憲剛  5.5 前半は良かったけど徐々に消えました。
巻誠  6.0 点を決めるだけがFWじゃないとでも?
我那  7.0 ポストしっかりで2点もゲット。最高!

山岸  5.5 いまいち意図が掴めませんでした。
高松  6.0 俺だけのもっさり高松。PKゲットはおまけかも?
羽生  --- 時間は短いながらもペースを取り戻したのはグッド。
オシム 6.0 ほぼプラン通りの試合運び。余裕がありましたしね。


スタジアムで観戦してた時には
正直、今野と阿部&釣男しか見てませんでしたw
それに加えて中盤の啓太がこのチームの骨格なのかな…と。
良く千葉勢を批判する人がいますが
あれはただの潤滑油だから他に適任がいれば変わるでしょ。

今回も巻は不発でしたが、
長年、DFWの鈴木師匠を応援してきた私にとっては
あんなのはまだまだ序の口でございます。
(ディフェンシブフォワードの意味は推して知るべし)

ポストの働きも点数をゲットする動きも
格段に我那覇のほうが上でしたけどねw
前線からのチェックと走り回ってスペースを開ける動きは
巻もそれなりにできていましたし
電柱2本でマークが分散した結果がゴールに繋がったかと。
シュートの精度はもっと頑張って欲しいけどw

後半に出てきた大分の電柱こと高松さん。
元々かなり好きなプレイヤーですし
出てからハイボールにせり勝ちまくってましたけど
カウンターが得意な選手でもあるので
後半からの使い方で特に問題ないと思います。
前線からのチェックも頑張ってたけどね。
後、金髪は似合わないw

三都主&駒野はTVで再観戦して評価を上げました。
駒野の守備は相変わらずですけど
何度も判断良く攻めていた姿勢を評価。
クロスの精度もFWのほうが…な場面が多かったですし。

三都主はなぜ今までこれが出来なかったのかと。
あれだけ球離れが良くて
要所で個人技を使う分には全然問題なし。
というか他に代わりがいない選手なんだなぁ…と再確認。
今までは判断が遅くてパスのタイミングを逃したり
無理につっかけてカウンターがデフォルトだったような?

今回の試合がW杯へのキップがかかった
ガチな試合での采配なら批判もあったでしょうけど
予選突破を確実にした後での試合なので
無理なく優勢に試合を進めたのは上出来だと思います。

名古屋の本田や長谷部とかピッチで見たい選手もいたけど
試合の趨勢が決まった後で慣らし運転をさせるのなら
初めから出さなくても、特に問題はないかな。
特に今日は釣男と加地さんが久しぶりのスタメンでしたし。

後ろからの押し上げや追い越しがたくさん見られて
かなり満足して帰途につくことができました。
今野が大活躍でしたしねー。

ちなみに凄いときはもっと凄いです。
ドリーム・クラッシャーの異名は伊達じゃないw
2年連続でJ1優勝が見えるのチームに嫌がらせ。
今野鬼だよ、今野ーッ!
…さぽーろからいなくなったのは哀しいけどね。

ちなみに今年のJ2。
我らがコンサドーレ札幌は今年もしっかり残留を決めました。
てか弱すぎ。(涙
スタジアムに足を運んでの生観戦。
今期は5回ほど頑張ってみましたが
勝率は1勝3敗1分。

しかも負けるときは記録的な大敗。
妹から『もう来んな!』呼ばわりされる始末。
違う。違うんです。
私がスタジアムに行くから負けるんじゃなくて
チームが弱いからボロ負けするんだいッ!
自分で言っててちょっと傷ついた…orz

いつかチームがJ1昇格を決めますように♪
posted by のあなな at 02:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月15日

鈴木師匠落選! …orz

ドイツW杯日本代表のメンバーが発表になりました。

さんざんネタFWとして弄られてきた愛しの鈴木隆行師匠は残念ながら落選されました。
その魂は巻選手に受け継がれることを切に祈ります。
思った以上にショック受けてて言葉が上手く出ないヨ。
世界の屈強なDFを背にしながら、確実にポストプレイできるのは師匠だけなのに…
などと思ってしまうのは信者の贔屓目なのかな。(遠い目

師匠の場合はそこからの工夫と引き出しが少なくて反転シュート! とか
スルーして相手DFを避ける…みたいな動きはほとんど期待できませんが。
それでも宇宙開発を繰り返し、相手に球を取られるだけの阿呆よりはよっぽどましだと思うんですが…orz

うん。
柳沢と大黒、巻の選出に関しては異論はないよ。
玉田に関しても松井と交代して欲しいとは思うけどチームとして考えた場合
今までの蓄積がない松井の選出は難しいのは理解できなくもないですし。
松井は怪我の場合の代替リストに入ってるからまだ諦めちゃいけないしね♪
さて…スポンサー枠で悠々とその座をゲットした上に
HSVからフランクフルトへ華麗な移籍を果たした某選手。
あんた一番期待してないから!
怪我の久保と調子を崩していた師匠。
ある意味一次予選と最終予選の功労者ふたりが揃って脱落した中。

あの魚フライがのうのうと代表に座ってるのが納得いかないー!
だって強豪相手の真剣試合で役に立ったことないじゃん?
ドイツでアルミニウムアレルギーとか揶揄されてる男ですよ?
エコノミー症候群だとか言いつつ、オフにDVDソフト買いに日本に帰ってくる男ですよ?
納得いかないですよ…コインブラさん。
あの男に一秒たりともW杯のピッチに立たせたくないと思ってしまう私。
posted by のあなな at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月14日

サッカーって楽しいね

けだるい日曜の午後。
惰性にまかせてだらだら過ごす予定を急遽変更し
行ってきました厚別陸上競技場。
ヴィッセル神戸をホームに迎えた試合で我らがコンサドーレは
1−6でボロボロに負けました。

…教科書のお手本のような綺麗なカウンターを堪能させていただきました。
うちの選手がぐだぐだ中盤で繋いでいる間に相手は守備を固め
こっちの選手がつまんないミスでボールを失うと
神戸の選手は一人でするする抜いた挙句、ネットを揺らしてさようなら…orz
各選手の基本技術の差もさることながら、ボールの寄せやプレッシャーの強さなど
チームとしての約束事の差が顕著に出た試合だと思いました。

ってかさ負けてる側の選手がボールにつめないでどうするの?
技術がないなら、とにかく走って運動量で圧倒しないとダメじゃない。
追いかけなきゃいけない側が走り負けてたら勝てるものも勝てないって!
中盤でガツガツ当たって相手の勢いを潰さなきゃ。
いくら綺麗に繋いだってゴールを揺らさなきゃ点は入んないんだから
とにかく勝負しろよ、このチキン野郎ッ!
んーと…いろいろあるけどサッカーって楽しいですね♪ (ぉ

いよいよ明日に迫った独逸W杯日本代表選手の発表。
私は世界の師匠こと鈴木隆行選手を応援してます♪
他のFWだと我那覇や巻とか泥臭い選手が好きだったり。
選ばれる可能性が少ないってのが泣けてきます。
posted by のあなな at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 蹴球かんけい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。